logo

グーグル、「Google Sync」の消費者向けサポートを廃止へ--企業向けは継続

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年12月15日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「冬の大掃除」の一環として、Microsoftの「Exchange ActiveSync」を通じて「Gmail」、カレンダー、連絡先にアクセスできる「Google Sync」の消費者向けサポートを廃止する。

 以下がその概要だ

 先ごろCardDAVに対応したことで、GoogleはIMAP、CalDAV、CardDAVを通じて同様のアクセスを提供することになり、オープンプロトコルを使用したシームレスな同期体験の構築が可能になった。2013年1月30日以降、消費者はGoogle Syncを使用して新しいデバイスを設定できなくなる。ただし、既存のGoogle Sync接続は引き続き有効だ。「Google Apps for Business」「Google Apps for Government」「Google Apps for Education」では、Google Syncは今後もフルサポートされる。今回の発表によって、これらの製品のユーザーが影響を受けることはない。

 そうは言っても、この最後の部分は非常に重要だ。Googleは、ActiveSyncを廃止することで企業を見捨てようとしているわけではない。

 結局のところGoogleは、ActiveSyncを使用したければ企業向けアカウントが必要になる点を明確にしているのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集