logo

アドビ、「Lightroom 4.3」をリリース--「Retina」ディスプレイをサポート

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年12月14日 09時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間12月12日、「Adobe Photoshop Lightroom 4.3」をリリースした。「MacBook Pro」に搭載されている高解像度の「Retina」ディスプレイや、新型カメラ20機種のRAW画像フォーマットを新たにサポートしている。

 サポート対象のカメラには、キヤノンのハイエンドコンパクトモデル「PowerShot」3機種(小型の「S110」、より高性能な「G15」、高倍率ズームの「SX50 HS」)のほか、ニコンのレンズ交換可能なコンパクトモデル「Nikon 1 V2」、フルサイズ一眼レフとしては低価格な「Nikon D600 SLR」、およびオリンパス、パナソニック、ソニー、ペンタックスの競合モデルが含まれる。AdobeのSharad Mangalick氏のブログ投稿によると、Nikon D600のサポートは「Lightroom 4.2」では限定的だったが、新バージョンではフルサポートしているという。

 さらに、Lightroom 4.3では多くのバグを修正し、Leicaの24種を含む多数のレンズ向けに自動光学補正機能を追加した。

 Lightroomのダウンロードサイズは着実に大きくなり続けており、現在では「Mac OS X」版が419Mバイト、「Windows」版が772Mバイトにまでなっている。


提供:screenshot by Stephen Shankland

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集