待望の「Google Maps」アプリが復活--App Storeで公開

坂本純子 (編集部)2012年12月13日 13時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • iPhone 5で開いた画面。iPhone 5のサイズにも対応している。右下の「:」の部分を左にフリックすると、メニューが表示される

 正式な「Google Maps」アプリがついに「iOS」に戻ってきた。App Storeからダウンロードできる。同ソフトウェアは、米国時間12日夜も公開されるとされていた。

 対応OSはiOS 5.1 以降で、iPhone 5用に最適化されている。App Storeでは「iPadに対応」と明記されているが、編集部で試した限りでは下の画像のように最適化はされていない。

 音声ナビや乗換案内、ストリートビューなども搭載。Googleアカウントにログインすると、iPhoneでもお気に入りの場所を保存したり、パソコンで過去に検索した場所や経路にすぐにアクセスしたりできるとしている。

 なお、グーグルは12月13日に国内で、iOS版「Google マップ」の提供に関して記者会見を開いた。

  • メニューを開いた画面

  • ストリートビューは、見たい場所をタップし、画面を下から上にスワイプするとこのように表示される

  • 久しぶりにiPhoneで見るストリートビュー!

  • 場所をシェアすることもできる

  • 「路線図」をオンにすると、このように地下鉄が色分けして表示される。神保町駅は、半蔵門線、三田線、都営新宿線が通っている

  • iPad miniで表示したところ。App Storeでは「iPadに対応」と明記されているが、まだ最適化されていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加