logo

FTCとグーグル、特許に関して一部和解の可能性--米報道

Casey Newton (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉2012年12月12日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PoliticoReutersによる米国時間12月11日の記事によると、米連邦通信委員会(FTC)がGoogleに対して長期的に行ってきた独占禁止法違反調査は、一部和解に近づいているという。

 どちらの報道でも、事件に詳しい情報筋の話として、知的財産の侵害だとする製品の販売差止要求に特許の資産を利用しないことでGoogleが合意する用意があるとしている。この合意には標準必須特許と呼ばれる特許が含まれており、これは技術標準で利用される技術を保護するものだ(Reutersはそうした特許の例として、ある会社の携帯電話から他社の携帯電話への通話を可能にする技術を挙げている)。

 Googleはこうした特許を、デバイスメーカーと現在争っている各国での特許訴訟で利用している。しかし、少なくとも1人の連邦判事が差止命令の獲得に標準必須特許は使われるべきではないと判断しており、FTCの委員の大半が必須特許のそうした利用は競争抑止的と捉えて最近のケースを判断している。

 Reutersによると、侵害している企業がライセンス協議を拒否した場合、この和解はGoogleが差し止めを要求できるよう余地を残しているという。

 調査の他の側面では、どのようにGoogleが自社製品と競合会社の製品を検索結果で表示するかが懸念されているが、これがどうなるかは不透明だ。旅行や地域のお勧めなどのカテゴリで検索結果が表示される企業などは、Googleが自社の検索結果を優先して宣伝していると主張している。

 Politicoは、自ら調査を実施している欧州委員会にFTCが同件を委ねるかもしれない、と示唆している。Googleと競合する数社は、敗北の可能性を感じて米司法省へ訴えている、とReutersは報じている。

 Reutersによると、特許問題に関する一部和解は、今週または来週にも結論が出るという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集