logo

豪警察、アップル地図アプリに頼らないよう警告--ドライバーが荒野に迷い込む事例受け

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月11日 09時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは数カ月前、同社の「iOS」地図アプリケーションには不備が多いことを認め、競合する他のアプリケーションを使用することを推奨した。今回、オーストラリア警察が、他の地図アプリケーションを使用すれば、同国の自動車運転者の命が救われる可能性があるとの見解を示している。

 オーストラリアのビクトリア州の警察は現地時間12月10日、「iPhone」ユーザーに対し、Appleの地図アプリケーションに頼らないようにすることを促す警告を発表した。同警察はこの数週間で、同アプリケーションの方向指示に従い、荒野に迷い込んでしまった人々を何人か救助したためである。中には、十分な食料と水がないままに24時間立ち往生した人もいた。

 同警察は、ある内陸都市を目指してAppleのアプリの方向指示に従っていたところ、国立公園へと導かれて立ち往生してしまった6人の自動車運転者を救助したと述べた。目的地からはおよそ43マイル(69km)も離れていたという。

 「警察が同地図システムを検証したところ、ミルデューラが、実際の場所から約70km離れたマレーサンセット国立公園の真ん中に表示されていることが確認された」と同警察は声明で述べた。「国立公園の中には水がなく、温度は最大で摂氏46度(華氏115度)にまで上昇する可能性があり、生死にかかわる問題であるため、警察はきわめて深刻に懸念している」(同警察)

 「ビクトリア州のミルデューラなどの場所を訪ねる人々は、この問題が修正されるまでは他の形式の地図を使用するべきだ」と同警察は結論付けている。

 米CNETは、Appleにコメントを求めて問い合わせたが、まだ回答を得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集