グーグル、写真編集アプリ「Snapseed」の「Android」版をリリース

Jaymar Cabebe (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年12月07日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCおよび「iOS」向けのユニークな写真編集アプリケーションの1つである「Snapseed」が、米国時間12月6日をもって正式に「Android」に対応した。すでに他のプラットフォーム上では大きな成功を収めており、しかも9月にはGoogleに買収されたとあって、ますます人気の高まるこの製品がGoogle独自のモバイルOSに対応するのは時間の問題だった。

 Snapseedは境界線やフィルタなどいくつかの便利なツールを提供しており、これによってフォーカスや輝度、コントラストなど写真の属性を調整できる。驚くことではないが、同アプリケーションには「Google+」で共有する機能が組み込まれており、これはいずれ、「GoogleとSnapseed」対「FacebookとInstagram」の対決につながるように思われる。

 Android版Snapseedは、「Android 4.0」以降のバージョンを搭載するタブレットや携帯端末で利用できる。

 さらにGoogleはこの日、iOS版Snapseedをアップデートし、すべてのユーザーを対象に無料提供を開始した。


提供: Nik Software氏/Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加