ノートPCがタブレットにも変形--レノボ「IdeaPad Yoga 13」レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボからタブレットに変形するノートPC「IdeaPad Yoga 13」が登場した。液晶をふつうに開けばノートPCとして使え、そのまま画面を開いていくと360度回転してタブレットに変形する。Yogaの名前は上体を反らすヨガのポーズから命名していることは明らかだ。

ウルトラブックの要件を満たす薄型高性能ノートPC

  • IdeaPad Yoga 13

 最初に手にして感じることは、液晶を後ろまで倒さなければ、ふつうのノートPCと何ら変わりないことだ。

 変形タイプのノートPCというと、ギミックだけが前面に出されてしまい、実際の性能や使い勝手がいまひとつな機種も少なからずある。しかしIdeaPad Yoga 13はそんなことがまったく感じられない。もし、買った後でタブレットモードが使いにくいと感じたり、タブレットとして全く使わないとしても、ノートPCとしてだけ使っていけばよく、その場合でも不自由な点はない。

 性能に関してもウルトラブックの要件を満たしているため、インテルの省電力CPUを搭載し、高い次元でバランスのとれた処理性能と省電力性、そして長いバッテリ稼働時間という性能を持っている。

 それに増して、さらに180度を通り越して360度まで開く液晶や、タッチパネルの装備により、ノートPCとしてもタブレットとしても何不自由なく使えるPCに仕上がっている。

  • ノートPCスタイルのIdeaPad Yoga 13

  • IdeaPad Yoga 13には化粧箱に入っている

 スペックは現在2タイプが予定されており、CPUにCore i7-3517UとCore i5-3317Uの2タイプ。メモリはi7モデルには8Gバイト、i5モデルは4Gバイトでいずれも増設はできない。共通のスペックとして、SSDは128Gバイト、液晶は13.3型で解像度は1600×900ドット、無線LANは802.11b/g/nに対応、Bluetoothは最新の4.0となる。他のウルトラブックと同様に有線LANや光学ドライブは装備していない。今回試用したのはCore i7モデルとなる。

 IdeaPad Yoga 13は、ウルトラブックの条件を満たしたノートPC。厚みは16.9mmだが、天板や底板はコーナーの角を落として丸みを帯びた形状としたため、さらに薄く感じられる。本体のサイズは333.4mm×224.8mm×16.9mmで重さは約1.5kg。バッテリは変更できず固定式の4セルリチウムポリマーとなる。

  • 本体カラーは2タイプ。これはシルバーグレー

  • バッテリは固定でメモリ増設もできないため裏蓋はなしですっきり。Windowsのライセンスラベルも変わった

  • 液晶を閉じた正面。薄型のノートPCと何ら変わらない

  • 後ろ側から見ると、蝶番が通常とちょっと違うことに気づく

  • 右側面には画面回転をロックする押しボタン、SDカードスロット、USBポート、電源アダプタの入力端子が並ぶ

  • 左側面にはUSBポートが2つとヘッドセット端子、ボリュームボタンがある

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加