logo

ドコモ、「Xi」対応の超小型基地局を開発--12月から設置

松田真理 (マイカ)2012年11月16日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月16日、LTEと3Gの両通信方式に対応した超小型基地局「Xiフェムトセル」を開発したことを発表した。12月より住居や店舗、オフィスなどに設置していく予定で、短期間かつ低コストにネットワークエリアの拡大や品質向上が図れるとしている。

 今回開発したXiフェムトセルは、音声通話に加えて「Xi」「FOMA」の両データ通信サービスに対応する。屋内に設置すると、半径数十メートル程度の通信エリアを構築できるという。周辺環境に合わせて自動的にエリアを調整する「プラグなどプレイ機能」も搭載した。

 本体サイズは高さ18.5cm×幅17.5cm×厚さ4.5cmで、重量は約0.7kg。


超小型基地局「Xiフェムトセル」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]