「iPad mini」、第4世代「iPad」に対する「共食い」は少ない--アナリスト調査

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2012年11月15日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPad mini」は、第4世代「iPad」の売り上げをそれほど侵食(共食い)しないと考えられることが、新たな調査で明らかになった。

 Cowen & Co.のアナリストは先ごろ、米国の成人1225人を対象に今後のタブレット購入意向に関する調査を実施した。この調査の結果の写しを入手したAllThingsDによると、今後1年半以内にiPad miniを購入するつもりだと回答した人はわずか12%だったという。このうち、他のデバイスからiPad miniに乗り換えると答えた人は16.6%にすぎなかった。さらに、これらの回答者のうちiPadから乗り換えると答えた人はわずか29%だった。

 こうした結果からCowenのアナリストMatthew Hoffman氏は、「iPad miniはiPadの売り上げを侵食する以上に多くの需要を生み出す」と指摘している。

 ただし、すべてのアナリストが同意見というわけではない。たとえばPiper JaffrayのアナリストであるGene Munster氏は、10月に投資家向け文書の中でiPad miniは20%の割合でiPadの売り上げを浸食するだろうと書いている。

 「小型版iPad 500万台(の売り上げ)ごとに、標準型iPad 100万台が失われる」と、Munster氏は述べた。

 とはいえ、iPad miniから最も大きな影響をこうむるのはiPadではないはずだ。Cowenによると、他のデバイスからiPad miniに乗り換えると答えた人の42%は「Windows」PCから乗り換える計画だという。さらに別の13%はAmazonの「Kindle Fire」から乗り替えると回答している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加