グーグル「JAM」--世界中の人とジャムセッションできるウェブアプリ

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年11月10日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが実験を試みている。「JAM」という新しいインタラクティブ型ウェブアプリケーションでは、楽器を演奏したことのない人でも仮想ギターを速弾きしたり、アニメーションのキーボードを叩きまくったりできるのだ。このアプリケーションは「Google Chrome」ブラウザに対応している。

Google JAM

 GoogleのCreative Labでマーケティングマネージャーを務めるEmma Turpin氏は、米国時間11月8日のブログ投稿で、「バンドで演奏するのを夢見たことがある人は、今こそロックスターになれるチャンスだ」と書いている。「才能の差は関係ない。夢想家のエアギタリストからプロのミュージシャンまで、ウェブを介してリアルタイムでジャムセッションできる」

 JAMの機能は、ユーザーが世界中どこからでも友人を招待し、Chromeブラウザ上でオンライン演奏を楽しめるというものだ。このアプリケーションでは、ベースギター、ドラム、キーボードなど19種類の中から楽器を選択できる。

 「デフォルトの『EASY』モードでは、個々の弦、ドラムパッド、鍵盤のキーをクリックして演奏するか、4種類の『AUTOPLAY』機能を使って自動演奏させることができる。『PRO』モードに切り換えると、どの楽器もコンピュータのキーボードで演奏できる」(Turpin氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加