ドコモが起業支援プログラムを開始--100億円規模のベンチャーファンドも

岩本有平 (編集部)2012年10月26日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月26日、ベンチャーとの連携強化に向けた新たな取り組みを開始すると発表した。

 取り組みは大きく2つ。1つめは起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」だ。起業支援事業者とともに、審査によって選ばれた複数のチームに対して、共同オフィススペース等の開発環境を提供する。また、専門家による経営面や開発面のアドバイスを行うほか、起業経験者や著名経営者による講演会を開催する。同プログラムは2012年度中に展開する。

 2つめはコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」の設立だ。ファンドを通じて、ドコモ・イノベーションビレッジ発のスタートアップ企業や、有望なサービスや技術を保有するベンチャー企業に対して出資する。有望なサービスや技術についてはドコモで活用し、サービスの更なる充実を目指すとしている。同ファンドの運用金額は100億円規模、運用期間10年となる予定。ファンドについては、2012年度中に運営子会社を新設する予定。

 なお、NTTドコモでは、子会社のドコモ・ドットコムを通じたベンチャー投資を行っている。これについては、「現時点では未定だが、新会社と機能を一元化していく方向」(NTTドコモ)だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加