グリー、スマホアプリ開発支援ツール「LWF」をOSSとして公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは10月18日、ゲーム開発ツール「Unity」とHTML5に対応したスマートフォンアプリの開発支援ツール「Lightweight SWF(LWF)」をオープンソースソフトウェアとして公開した。

 LWFは、Flashコンテンツから変換したアニメーションデータをUnityとHTML5で再生できる、独自ファイルフォーマットのアニメーションエンジン。インタラクティブなアクションゲーム操作や、多彩なアニメーション表現、ユーザーインターフェース(UI)表現が可能で、グリーが2012年に北米やヨーロッパなどでリリースしたモバイルソーシャルゲーム「Alien Family」や「Animal Days」の開発でも採用されている。

 Flashプレーヤーに近い挙動でFlash開発経験者の学習負担を大幅に軽減でき、FlashアーティストがエンジニアリングなしにアニメーションとUIを作成できる。また、既存Flashプレーヤーで不可能だった、自由で高度なインタラクションの提供が可能で、UI用とアニメーションエフェクト用といった複数のLWFデータを同時に再生、制御できるという。

 グリーでは、今回の公開後もLWFを継続的に拡張し、リリースするとしている。

画面
「Animal Days」でのLWF使用例
  • このエントリーをはてなブックマークに追加