logo

日本HP、デザインと拡張性、耐久性を兼ね備えた企業向けWindows 8搭載タブレット

坂本純子 (編集部)2012年10月18日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月18日、法人向けのWindows 8搭載タブレット「HP ElitePad 900」とウルトラブック「HP EliteBook Folio 9470m」を発表した。

「HP ElitePad 900」
「HP ElitePad 900」

 HP ElitePad 900は、アルミの削り出しなどデザインにこだわる一方で、米軍調達基準準拠の耐久性も備えたタブレットだ。発売は2013年2月を予定しており、価格は未定だが「HP Slate 2 Tablet PC」と同程度(約7万円)と見込む。最終価格は、出荷段階になってから決めていくという。

 10.1インチWXGA(1280×800)マルチタッチディスプレイを搭載し、厚さ9.2mm、重さ630g(発表当初:680g)の薄型軽量が特長だ。ディスプレイ部には、従来比で20%薄型化したCorning Gorilla Glass 2を採用。76cmからの落下や振動、粉塵、過酷な温度条件など、米軍調達基準「MIL-STD-810Gテスト」をパスした強靭な堅牢性を備える。

厚さは9.2mmで重さは680g
厚さは9.2mmで重さは680g

 駆動時間は、標準バッテリで10時間。オプションの追加バッテリを装着すれば、約18時間の長時間駆動が可能になる。

 日本HP 取締役 副社長執行役員 プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括の岡隆史氏は、HP ElitePad 900を「あえて企業向けに特化して開発した商品」と説明する。

 その背景には、現状のビジネスにおけるトレンドとして「コンシューマリゼーション」があるという。個人でPCやタブレット、スマートフォンなどを使用する中で、会社で使用する業務ツールもその感性にあったツールを提供してほしいという声が高まっており、「ユーザー自身が、企業のクライアントシステムに求めるものは変わった」という。

 一方で、システム管理者は、コスト削減や管理、情報漏洩のリスクなどを抱える中で「ITのインフラをどうしていけばいいか。ほとんどの会社が悩んでいるのではないか」と見る。

 今回の企業クライアントコンピューティングの課題を解決する一つの答えがHP ElitePad 900という。

  • 企業クライアントコンピューティングの課題

  • 企業クライアントコンピューティングの変化

  • 「HP ElitePad 900」がもたらすもの

  • 「HP ElitePad 900」の背面

  • コネクタ部

  • カードスロットは、この中にある

「拡張ジャケット」で最大18時間駆動、キーボードも

 「ビジネスのための隠された機能が、小さい筐体に含まれている」──そう自信を見せるのは、日本HP プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括 クライアントソリューション本部 本部長の九嶋俊一氏だ。

詰め込んだ4つの要素
詰め込んだ4つの要素

 端末の前面には1080p フルHDのカメラ、背面には8MピクセルのLEDフラッシュ付きカメラを搭載する。ステレオマイク、SRS Audioステレオスピーカを搭載し、音にもこだわった。これらは、鮮明な映像でのビデオカンファレンスを想定したもので、背面カメラもホワイトボードの撮影など、ビジネスシーンで活用できるようにするためと説明する。

 各種センサ(ジャイロセンサ、加速度センサ、デジタルコンパス、周辺光センサ)を搭載したほか、NFCリーダ、Micro SDスロット、Micro SIMにも対応する。これにより、NFC搭載のIDカードで本人を認証したり、位置情報に基づいて社内と社内外で使用できるデバイスを分けたりできる。

ポイントは、「プレミアムデザイン」「堅牢性・セキュリティ」「操作性・機動性」

「HP ElitePad 900」の堅牢性
「HP ElitePad 900」の堅牢性

 拡張性を重視し、HP ElitePad 900に合ったシンプルなデザインの「拡張ジャケット」を用意する。装着すると、USB2.0、HDMI、SDカードスロットなどのインターフェイスや薄型の追加バッテリを利用でき、最大約18時間の連続駆動が可能になる。さらには、「キーボードジャケット」を装着してノートPCとして使ったり、バーコードリーダーを搭載したジャケットと組み合わせてPOS用途としても利用できるタブレットを核としたソリューションも計画中という。

 オプションの専用ツールを使用することで筐体内部へのアクセスも容易になり、標準バッテリの交換も可能になる。また、販売終了後も最低5年間の保守部品を提供するとしている。

 「プレミアムデザイン」「堅牢性・セキュリティ」「操作性・機動性」の4つを詰め込んだHP ElitePad 900は、「これまでのコンシューマ機器には明らかにない機能を持つ」(九嶋氏)と意気込む。

岡隆史氏(左)と樋口泰行氏(右)
岡隆史氏(左)と樋口泰行氏(右)

 なお、ビジネス向けの製品ではあるが、日本HPのオンラインストアHP Directplusでも購入できるため、個人でも購入可能。そのほかの販売ルートについては、検討中としている。

 また、発売時期が先になることについて「Windows 8向けにゼロから設計し直した製品で、慎重に丁寧に作っている。法人向けは10万時間のテストが必要で、かなり慎重にテストをした上で万全な状態で出していくためにはこれが適正」と説明した。

 なお、会場には日本マイクロソフト 代表執行役社長の樋口泰行氏がゲストとして登場した。樋口氏は、「Windows 8は非常に画期的な新しいOS。見るだけで生産的な活動と言えるのか。キーボード、マウスが使えてクリエイトできないと、人の作ったものを見るだけだと仕事ではない。従来のタブレットだと企業の基幹システムとつながらなかったが、いまはつながる。パートナーと最大限、盛り上げたい」と意気込みを見せた。

 
  • バッテリジャケット

  • キーボードジャケット

  • 運用性と管理性

-PR-企画特集