logo

NTTコム オンライン、Twitter全量データのリアルタイム分析サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコム オンライン)は10月15日、ソーシャルリスニングサービス「Buzz Finder」を刷新、Twitter上に日本語で書き込まれた全てのツイート(つぶやき)をリアルタイムに分析するサービスとして提供を開始した。NTTコミュニケーションズから「Bizマーケティング BuzzFinder」としても提供される。

 Buzz Finderは、Twitterとの提携で使用契約を締結した、ツイートの全量データをリアルタイムに取得可能なAPI「FireHose API」を利用し、Twitter上を流れる顧客の声をリアルタイムに把握、分析し、企業の顧客コミュニケーションの向上を支援する。

 従来のBuzz Finderでは、1日単位の分析を提供してきたが、Hadoopをベースにした分散処理での大容量高速処理、自然な日本語で書かれたテキストから有用な知識を抽出するテキスト意味抽出技術によるテキスト解析で、リアルタイムかつ高精度の分析が可能になったと説明する。

 取得したデータを対象に、ツイートした人の性別や年代、職業情報を分析できるほか、ツイートの数の増減から異変を察知し、あらかじめ指定したメールアドレスに通知できる「アラート通知オプション」も用意されている。

 企業やその商品、サービスに関する評判をリアルタイムでモニタリングし、ソーシャルメディア上のツイート数の急激な変化が検知された際、件数などをメールでアラート通知することで企業の迅速な対応につなげられるとしている。

 キャンペーンやプロモーションの効果を、ツイート数の推移やそのポジティブとネガティブの割合、書き手の年代や性別からリアルタイムに把握、分析できるため、状況に応じて訴求するメッセージを変更するなど、施策を迅速に改善できるという。

 1IDあたりの利用料金は、初期導入料金が10万円(サポートつきの場合は25万円)、月額料金が10万円。アラート通知は、初期導入料金が5万円、月額料金が5万円となっている。4個以上のTwitter分析キーワードを登録する場合は、追加料金が1個につき月額1万円かかる。

-PR-企画特集