企業間コラボレーションをマッチングできる「spira」公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アウルは10月10日、企業間のコラボレーション相手を探せるマッチングサイト「spira(スパイラ)」を公開した。

 コラボ先を探す企業は、spira上で商品やサービス、コラボ要件を「案件」として登録して公募し、コラボを希望する企業からのエントリーを待つ。公募案件に対して複数のエントリーがあれば、管理機能で絞り込み、メッセージ機能でコミュニケーションできる。双方の思惑が一致した場合は、実際に会って話をするなど、コラボ成立に向けて前進していく仕組みとなっている。

 登録案件1つに限り、基本利用料金は無料。有料オプションとして、月額10万円の「公募案件数の制限解除ライセンス」のほか、2週間20万円で案件枠への広告出稿ができる「広告枠」、月額15万円でエントリー企業の管理をアウルが代行する「運用代行」を用意している。

 8月末に公開したアルファ版では、デジタルハリウッド、よみうりランド、FOXインターナショナル・チャンネルズなどの企業が参加。公開から1年間で国内100社の導入を目指すという。

spira
  • このエントリーをはてなブックマークに追加