logo

ウェブ開発者向けリソースの一元化を目指す「Web Platform Docs」プロジェクトが始動

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2012年10月09日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google、Apple、Opera Software、Mozilla Foundation、Microsoftがそれぞれ別個にウェブプログラミングのチュートリアルを提供している状況にはもううんざりだ。

 これら大手ブラウザメーカー5社とFacebook、Adobe Systems、Nokia、Hewlett-Packard(HP)が、World Wide Web Consortium(W3C)において開発者向けリソースを一元化しようという新たな取り組みの幹事企業になった。この「Web Platform Docs」プロジェクトは、当惑するほど数多くある新しいウェブ技術を利用するための手引きとなるだけでなく、どれが標準として認められているか、さまざまなツールが各ブラウザでどの程度うまく機能するか、標準がどの程度安定しているかについても詳しく説明していく。


 W3Cのデベロッパーリレーションズを率いるDoug Schepers氏は次のように述べている。「このプロジェクトで重要なのは、これがWikiであるということだ。われわれは、コミュニティの協力を促し、当事者意識を持ってもらうため、できるだけ早い段階でこのWikiを発表している。そういった協力の1つの形としては、Mozilla Developer Network(MDN)など、ウェブ開発情報を提供するオープンソースのコンテンツをインポートすることがある」

 ウェブプログラミングのためのリソースは、無数にある独立系サイトの他、Operaの開発者向けサイトGoogleの「Chrome」開発者向けサイト、Googleが運営するHTML5 Rocksのサイト、Microsoftの多彩な「Internet Explorer(IE)」開発者向けガイドAppleの「Safari」用ウェブ開発ガイドなどに散らばっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集