ドコモなど7社、梅田と西宮でモバイル向けO2Oサービスを展開

松田真理 (マイカ)2012年10月05日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモなど7社は10月4日、モバイル会員向けO2Oサービス「SMART STACIA」を10月6日から提供すると発表した。阪急阪神ホールディングスと阪急阪神カード、NTT、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、博報堂が参加する。

 SMART STACIAは、スマートフォンや携帯電話を利用した登録会員制サービス。阪急阪神沿線にあるショッピングセンターやホテル、エンタテインメント施設、コンビニ、書店、雑貨店などを対象にお得情報の配信や電子クーポン、ポイントサービスを提供する。

 今回のサービス提供にあわせて阪急阪神グループ各社とNTTグループ各社、博報堂はSMART STACIAの会員を対象としたO2Oマーケティングを共同でトライアルする。大阪府梅田市と兵庫県西宮市の主要商業施設で2013年5月10日まで展開する。

 具体的には、梅田の「阪急三番街」「HEPファイブ」「NU chayamachi(ヌー茶屋町)」を中心とした利用者向けの「ウメダ・スタイルクリップ」、「阪急西宮ガーデンズ」利用者向けの「阪急西宮ガーデンズアプリ」という2種類のスマートフォンアプリを無料で提供する。

 阪急電鉄の乗降情報や商業施設での購買情報、スマートフォンアプリによるチェックインやNFC端末へのタッチ情報などを分析し、顧客の嗜好にマッチした情報をタイムリーに提供する技術を検証するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加