logo
CEATEC JAPAN 2012

視線の動きや握力でスマホを操作--CEATEC 2012で見たドコモ最新技術

エースラッシュ2012年10月03日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最先端IT・エレクトロニクスの展示会「CEATEC JAPAN 2012」が幕張メッセで開幕した。10月2~6日まで開催され、10月3日からは一般入場も開始されている。ここではモバイル分野の中から、NTTドコモのブースの展示内容をチェックしていきたい。

2012年冬モデルがずらり勢ぞろい

 まずブースの入り口で目を引いたのは、2012年冬モデルの中から一部機種を抜粋した先行展示だ。ショーケース内に展示されていたのは、“ONE PIECEスマホ”として話題の「N-02E ONE PIECE」に加え、ディズニーとコラボした「Desney Mobile on docomo N-03E」、Xperia Vの日本市場向けとして注目を集めるLTE対応モデル「XPERIA AX SO-01E」、画面サイズが5.5インチに拡大した「GALAXY Note II SC-02E」の4モデル。これらは10月11日に開催予定の2012冬モデル 新商品・新サービス発表会で正式にお披露目されるという。

  • “ONE PIECEスマホ”として話題の「N-02E ONE PIECE」。12月15日よりロードショー予定となっている「ONE PIECE FILM Z」のポスターなども展示されていた

  • ファンにはたまらない「ONE PIECE FILM Z」の壁紙。ホームボタンも「サウザンドサニー号」がモチーフになっている

  • 木目調の背面には、ルフィが描いた手書き風の海賊旗ロゴをデザイン

  • ディズニーとコラボした「Desney Mobile on docomo N-03E」のカラーバリエーションは5種類

  • 背面にはミッキーとミニーがデザインされている

  • 壁紙も本体色に合わせて「ミッキーマウス」「ミニーマウス」「プーさん」「ティンカーベル」「ドナルドダック」の5種類が展示されていた

  • 外箱やクイックスタートガイド、クレードルなどもすべてディズニー仕様だ

  • 4種類のカラーがラインアップされた「XPERIA AX SO-01E」

  • スッキリとしたデザインの背面にはFeliCaロゴが確認できる

  • 「GALAXY Note II SC-02E」のカラーはブラックとホワイトの2種類

  • 展示パネルからは「HD SUPER AMOLED Plus」採用の5.5インチ有機ELディスプレイとクアッドコアCPUを搭載していることが分かった

  • 「GALAXY Note II SC-02E」の背面

 新端末関連では、事前に特設サイトで公開されていた2012秋モデル6機種のうち、「MEDIAS TAB UL N-08D」「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」「Ascend HW-01E」「AQUOS PHONE si SH-01E」「optimus G L-01E」の5機種を実可動状態で展示していた。

  • 2012秋モデル5機種も実稼働状態で展示されていた

  • 指先に伝わるリアルなタッチ感覚を追求した7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」

  • 7.9mmの薄型ボディを採用した7.7インチタブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」

  • わずか5秒の高速起動を実現した「Ascend HW-01E」

  • 1210万画素カメラと画像処理エンジン「ProPix」で高画質撮影が可能な「AQUOS PHONE si SH-01E」

  • クアッドコアCPUや1320万画素カメラを搭載した「optimus G L-01E」

体験展示にも長蛇の列

 参考出展ながら、体験コーナーに長蛇の列ができていたのが「i beam」と「Grip UI」だ。

まずi beamは、アイトラッキング技術により視線を検知して操作できるタブレット。画面上で移動する点を目で追いながらキャリブレーションを行うと、あとはボタンやアイコンを見るだけでポインタが移動する。そしてボタンなどを一定時間(1秒程度)見続けていれば、ソフトウェアに応じた動作を実行してくれる。担当者によるデモでは、写真の表示にゲーム、小説やサイトの閲覧を見せてくれた。

  • キャリブレーションは画面上で移動する点を目で追いかけるだけ

  • 写真の閲覧は、サムネイルを見つめるだけで上部に拡大画像が表示される

  • 視線移動を使ったゲームも可能

  • 小説では、マーキングされた漢字で視点を止めると意味が表示される。下部の左右にあるボタンに視点移動するページ送り・戻しも簡単

  • アイトラッキングでポインタを移動し、ブレットを保持する手の親指でタップ、といった組み合わせも可能だ

-PR-企画特集