logo

インテル、Clover Trailを正式発表--Windows 8タブレットのバッテリ駆動時間をアピール

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年09月28日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間9月27日、Intelが「Intel Atom Processor Z2760」(開発コード名「Clover Trail」)を擁し、ハードウェアパートナー各社とともにタブレット市場に参入する。

 サンフランシスコでのイベントでIntelと並んで立っていたのは、Acer、ASUS、Dell、Hewlett-Packard(HP)、Lenovo、Samsung、ZTEの幹部らだ。これらの企業は、新しい「Windows 8」タブレットとコンバーチブルデバイスを展示している。

 HPの「Envy x2」、Dellの「Latitude 10」、Lenovoの「ThinkPad Tablet 2」など、多くのデバイスはすでに発表済みだ。

 どのデバイスもIntelのデュアルコアIntel Atom Processor Z2760を搭載する。このプロセッサは電力効率のよいシステムオンチップ(SoC)型の製品であり、パートナー企業はこのプロセッサによって厚さ8.5mm、重さ1.5ポンド(約680g)の薄くて軽いタブレットを製造できる。


提供:Intel

 Intelの説明によると、このチップはバッテリ寿命が長く、保存してあるHDビデオの再生で10時間以上、スタンバイ時は3週間以上もつという。

 またIntelは、デバイス同士を近づけるだけで通信できる近距離無線通信(NFC)も宣伝している。IntelのチップはHDカメラ(800万画素まで)、Wi-Fi、3G、4G LTEもサポートする。

 Intelの新しいチップを使用したタブレットやコンバーチブル端末には、フルバージョンのWindows 8が搭載される。フルバージョンでは、実質的に「Windows 7」ノートブックで動くすべてのソフトウェアを実行できる。この点が、「Windows RT」ベースのタブレットとの違いだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集