logo

海上から被災エリアをカバー--KDDI、船舶上の基地局で通信網確保へ

松田真理 (マイカ)2012年09月27日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月27日、携帯電話基地局の船上開設に向けた実地試験を実施すると発表した。11月下旬から広島県呉市倉橋町海上で行う。海上保安庁の船舶に携帯電話基地局を開設し、商用と同等の電波を用いた携帯電話システムを構築して、品質を検証する。

 同社は、総務省の中国総合通信局が主催する「災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた調査検討会」に参加。その一環として実地試験を実施する。携帯電話基地局の船上開設に向けた実地試験は、国内で初めての試みになるという。

 同社は「災害などで通信障害が発生しているサービスエリアを早期に復旧させるため、陸上の被災状況に影響されない海上を利用することで、サービスエリアの早期復旧を目指す」と説明している。

図 船舶型携帯電話基地局の仕組み

-PR-企画特集