logo

アップルの独自地図採用、音声ナビ機能でのグーグルとの交渉決裂が原因か

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2012年09月27日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iOS 6」から「Google Maps」を追い出すことになった原因は何だったのだろう? 新たな報道によると、あらゆる「iOS」デバイスにプリインストールされてきたこのアプリの機能や管理について両社の間で合意が得られず、交渉が決裂したためだという。

 All Things Digitalが報じたところによれば、争点の1つは音声ナビゲーション機能に関するものだったという。この機能は「Android」版のGoogle Mapsには既に搭載されているが、Googleの地図を利用したAppleの「Maps」アプリには搭載されていなかった。

 同時に、Googleは、アプリ内で同社のブランド名を表示することを求め、さらには位置情報共有ツール「Google Latitude」など、自社サービスの追加提供を申し出たが、これらの提案をAppleは必ずしも好意的に捉えなかったと、All Things Digitalの記事は伝えている。

 最終的に、Appleは「大急ぎで」独自の地図アプリを開発し、iOS 6の機能の一部として搭載することにしたという。

提供: Apple
提供: Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集