logo

[ブックレビュー]楽しくマインドマップを使うための指南書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪急コミュニケーションズ
詳細:単行本(ソフトカバー) / 240ページ / 阪急コミュニケーションズ / 価格:1575円 / 著者:矢嶋美由希 / 発売日:2012/08/30 / 外形寸法 (H×W×D):18.4cm×13.4cm×1.8cm / 重量:0.3 kg
内容:マインドマップと聞くと「ビジネス向け」だったり、「イラストのように緻密に仕上げるもの」と思ったり、敷居が高いと感じている人も多いだろう。しかし日常に使ってこそ役立つのがマインドマップ。その利用法がわかる1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 マインドマップに関する本はたくさん出ているが、いざ自分で書いてみようとすると、「難しそう」「絵が描けない」と考えて、敷居が高いものだと思っていないだろうか。もっと気軽に、楽しくマインドマップを使うにはどうすればいいのか。

 マインドマップは、日常的に使うことによって、考えをまとめたり、アイデアを広げたりするのに有効なツールだ。しかし、カラフルで絵が上手なマインドマップを見ると、尻込みしてしまう人が多いようだ。また、日本では、ビジネスパーソンが使っていることが多いため、ビジネスで使うものと勘違いされている面もある。しかし本書を読むと、本来のマインドマップは、楽しく、簡単に取りかかれるものということが分かる。

 生活の不安なことを書き出して考えを整理したり、買い物リストとして使ったり、「え、そんなことにも使えるの!」という例が、本書にはたくさん掲載されている。「マインドマップの達人」ではなく、普通の人が書いた身近なマインドマップを見れば、自分も書いてみようと思うだろう。

 マインドマップを有効なツールとして使うために、注意するべきルールもあるが、それはほんの少し。自由に思考の枝を伸ばして、発想を広げる楽しさが感じられるはずだ。

-PR-企画特集