logo

初心者レベル開発者の求職活動--採用を勝ち取る10の方法 - (page 3)

Justin James (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年09月24日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7.自分を理解する

 自分では役に立つとは思っていないが、他の人から見ると役に立つスキルや経験を山のように持っている、ということがよくある。例えば、あなたはコンビニエンスストアのシフトマネージャーとしての職歴を、履歴書から外したいと考えるかもしれない。しかし、新入社員レベルの履歴書ばかりの山の中では、その種のリーダーシップを発揮する立場の経験は、あなたが雇われるべき理由を示すのに役立つ可能性がある。もちろん、やり過ぎはだめだ。地元でロックバンドのファンクラブ会長をやっていたことを書いても、職を手に入れることにはつながらないだろう。しかし、仕事で役立つ可能性がある(あるいは実際に使った)経験やスキルがあるのなら、おそらく履歴書に載せる価値はあるだろう。

8.面接の仕方を学ぶ

 面接が上手くなるには、一般に経験が必要だ。面接には、営業職の一番難しいところと、自分について語ることの両方が必要であり、多くの人はこれに不安を感じる。面接の仕方に対するヒントは数多くがあるが、上手な面接を学ぶ最善の方法は、多くの面接を経験することだ。誰かを相手に面接練習をすることは、何がうまくいって何がうまくいかないかを知るにはいい方法だ。求職市場で自分よりも経験を積んでいる人と練習できれば、特に効果的だろう。

9.履歴書を求人に合わせる

 新入社員レベルの開発者が雇ってもらうためには、とにかく目立つことだ。担当者が履歴書を読んでいるとき、知りたいことがなかなか分からなければ、さっさと山になっている次の履歴書に移ってしまうだろう。履歴書を送る前に、求人広告を注意深く読んで、書いてある指示には必ず従うようにし、求人で求められているスキルや経験を強調すること。

10.弱気にならない

 ソフトウェア開発業界は、厳しい業界だ。海外との競争や仕事を見つけようと四苦八苦しているより経験のある人たちもおり、仕事をすぐに見つけるのは難しいかもしれない。いいニュースは、ソフトウェア開発者の求人市場は、依然としてかなり堅調に見えるということだ。本当の問題は、雇い主が探しているスキルと、求職者が持っているスキルの間に食い違いがあるということだろう。雇用主に相手が求めているものを持っていることを見せられれば、それだけ早く求人市場に入っていけるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]