logo

“賢く銀ブラ”しよう--銀座でスタンプラリー、NFCとスマホを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーシーテクノロジとヤフーは9月4日、スマートフォンとNFC(近距離無線通信)技術を活用したO2Oの実証実験「銀座スマートスタンプラリー」を開始した。10月7日まで実施する。

 銀座スマートスタンプラリーは、東京都と国土交通省が推進する「東京ユビキタス計画」公募実験の一環。ネットとリアル店舗を結ぶO2Oビジネスの可能性と、NFC技術を活用したスマートフォンの有効性を検証する。「東京ユビキタス計画・銀座」実施協議会、ユーシーテクノロジ、ヤフーの3者が共同で開催する。

銀座スマートスタンプラリー

 銀座を代表する20の店舗を4つのコースに分けて巡るスタンプラリーで、各コースは5つの店舗で構成される。Andoroidユーザーなら専用アプリをダウンロードするだけで誰でも参加できる。

 アプリには、ユーシーテクノロジが運営する銀座のエリア情報口コミサイト「ココシル銀座」とヤフーが運営するジオサービス「Yahoo!ロコ」の機能を搭載し、銀座の街のナビゲーションをサポートするほか、店舗情報や特典を提供する。

 各店舗に設置された専用のタグスタンドにはNFCタグとQRコードが内蔵されており、対応のスマートフォンでタッチすることでスタンプを取得できる。各コース内のすべての店舗のスタンプを集めると、抽選でMac Book Airやルンバなどが当たる懸賞に応募できる。

 3者は同実験を通じて、オンラインからの情報発信をメインとしたO2Oプロモーションによる実店舗の集客効果と、スマートフォンを活用して施設内でのみ取得できるインタラクティブな情報やポイントなどのインセンティブが購買行動や顧客満足度の向上へ与える影響を検証する。AR機能を活用した地図ナビゲーションの通用性と効果も検証する。

 今後のO2Oビジネスの推進に向けた調査データも収集、分析する。NFC技術を活用した同一のエリアにおける価値提供の可能性も検証するとしている。

-PR-企画特集