logo

グーグル「Map Maker」で作成の地図、「Google+」で共有可能に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月31日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Map Maker」で独自の地図を作成したり加工したりしている人は、それらの地図を「Google+」のサークルで共有できるようになった。

 「Google Maps」チームからの最新情報によると、投稿によって共有した地図は全て、Google+のプロフィール画面にポップアップし、作成者をフォローしている友人に見えるようになる。友人はそれらの地図を見てコメントを記入することができる。

 GoogleはGoogle+で地図を共有するための一連のステップを概説している。そのステップは、他のコンテンツを共有するのと同じくらい簡単だ。ただ「Share」ボタンをクリックし、メッセージを入力し、どのサークルに投稿するかを選ぶだけだ。

 Map Makerでは、道路や企業、ランドマークなどのスポットについて位置情報や特定の詳細情報を追加することで、Googleの地図の作成やカスタマイズが可能だ。地図を共有することにより、他の人々は変更を確認したり、間違いを訂正したり、作成者が加えたいと思う可能性のある新たなローカルスポットに関する情報を提供したりすることができる。


提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集