logo

ネット回線の速度テストを手軽にできるiPhoneアプリ「RBB TODAY SPEED TEST」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「RBB TODAY SPEED TEST」は、iPhone/iPadからインターネットに接続する速度を手軽に測定できるアプリだ。定評のあるウェブ版と同じブロードバンドの速度テストを、iPhoneからも手軽に行うことができる。

  • ホーム画面。起動してすぐは「測定開始」が押せない状態になっている。まずは「条件確認」をタップする

 使い方は簡単で、起動してまず「条件確認」をタップして測定場所や回線種別を確認したのち、元の画面に戻って「測定開始」をタップするだけ。ダウンロードおよびアップロードの平均速度がそれぞれMbps単位で表示されるほか、PING値もms単位で表示される。また現在位置(都道府県および市区町村名)も自動的に計測され、画面上に表示される仕組みだ。Wi-Fiもしくは3Gといった回線種類についても自動的に判別され表示される。

 「Speedtest」などの競合アプリと比べた場合、最大値と平均値それぞれの速度を表示するのではなく、平均値だけしか表示されない。また今回試した限りでは、ほかのアプリに比べてアップストリーム値がやや大きめに表示される傾向があるように感じられた。測定先のサーバが異なるので単純比較は難しいとはいえ、本アプリのAndroid版と比較してもアップストリームの値が大きく表示されることが多いようなので、若干割り引いて見たほうがいいのかもしれない。

 このほか、Android版には搭載されている回線ごとの平均値との比較機能や、他のユーザが計測した速度のランキング表示機能が現在のバージョンでは未実装だったり、他のアプリにはよくある履歴の保存機能がなかったりと、全体的な充実度はまだまだといった印象。とはいえPC版では定評のあるサービスであり、日本語で使える回線速度測定のアプリも貴重な存在だけに、今後の機能の充実を期待したいところだ。

  • ホーム画面。起動してすぐは「測定開始」が押せない状態になっている。まずは「条件確認」をタップする

  • 自宅Wi-Fiを使っている場合の回線種別の選択肢。このほかにも光やADSLといった回線の種類、プロバイダなども選択する。各回線ごとの速度データを取得するという目的上やむを得ないとはいえ、やや手間がかかる

  • こちらは外出先で無線LANスポットを利用している場合の選択肢。リストの中から利用中のサービス名を選択する

  • 元の画面に戻って「測定開始」をタップすると、最初にダウンロード、次にアップロードという順番でサーバとやり取りが行われる

  • 測定結果。競合アプリで測定した結果に比べると、アップストリーム方向、つまり上りの速度が大きめに表示される傾向があるようだ

  • こちらは3G回線での測定結果。こちらも上り速度がやや大きめ

  • Android版の「RBB TODAY SPEED TEST」では前日に測定されたデータをランキングで表示する機能があるが、iPhone版にはない

  • Android版に用意されている、測定値を各回線の平均値と比較する画面についてもiPhone版では用意されていない。将来的に搭載される予定はあるようなので期待したい

>>RBB TODAY SPEED TESTのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集