logo

Facebook共同創設者D・モスコビッツ氏、45万株を売却

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月23日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの共同創設者でMark Zuckerberg氏のハーバード大学時代のルームメイトでもあるDustin Moskovitz氏も、取締役のPeter Thiel氏に続き、保有する同社株式の一部を売却した。

 米証券取引委員会(SEC)への提出書類によると、保有株式の大部分を売却したThiel氏とは異なり、Moskovitz氏は45万株しか売却していない。これは同氏が保有する株式のほんの一部だが、その売却額は900万ドルにものぼった。


Dustin Moskovitz氏
提供:wikipedia

 Moskovitz氏は17日、20日、21日の3営業日に15万株ずつ売却した。19.38~19.99ドルという売却価格は、わずか3カ月前のFacebookの新規株式公開時の株価が38ドルだったことを考えると、あまり好ましくはない。しかしここでも、同社株価がどこまで下がるのかは分からない。22日の終値は19.44ドルだった。

 また、Moskovitz氏はさらに売却を進める態勢だ。同氏は手元に残る「クラスB」株式のうち700万株を、議決権は小さいものの公開市場で売却可能な「クラスA」普通株式に転換した。Moskovitz氏がこの700万株を売却したとしても同氏の手元にはまだ1億2600万株が残り、その価値は株価低迷にもかかわらず約24億ドルにのぼる。

 Moskovitz氏はFacebookで最高技術責任者(CTO)を務め、2008年に退職してウェブコラボレーションツールのAsanaを設立した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集