logo

ウェザーニューズはアプリのバージョンアップで何を目指したのか - (page 3)

坂本純子 (編集部) Emi KAMINO2012年08月21日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--今後は、アプリをどのように変えていく予定でしょうか。

 石橋氏:今取り組んでいるのは、最初の登録をスキップできる機能とか、もともとできたのですが起動時の画面設定とかGPSのオンオフを設定する方法をもっとわかりやすくしようと思っています(※Android版は更新済み)。アップルは申請してから2週間ぐらいかかるので、8月中ぐらいにはリリースできるといいなと思っています。

--天気予報のアプリは増えてきており、携帯電話やスマートフォンにも標準で搭載されてきています。今後、どのように差別化を図っていくのでしょうか。

雲の見方なども解説
雲の見方なども解説

 石橋氏:今世の中にある天気予報のアプリというのは、演出の部分での差別化で中身の情報に関しては同じだと思うんですよ。それはテレビでも同じで、基本的には気象庁なりで買ったデータをいかに加工や演出を加えて見せていくかという違い。

 でも、我々はそれをずっと知っていたので、ピンポイント天気とか独自の解析による天気予測を作って他には負けない精度のもので勝負してきたんです。とは言いながらも、もとはアメダスの実況値だとかそういうのものを計算して出しているプロセスそのものは変わっていなくて、今はじめて体感とか人が感じたセンサをもとに予報する方法を開発してるところなんです。

 ゲリラ雷雨のリポートがまさにそれです。以前、気象庁が公の場でゲリラ雷雨のような局地的なものは今の技術では予測が無理ですと言ったことがありますが、われわれはそれを聞いてみんながリポートして解析すればできるはずだと思いました。

 それで2008年から始めて5年目になるのですが、今都内だと予測精度は90%以上なんです。それまで天気予報はコンピュータに全部アウトソースしてたようなものだったのですが、今ここに来てケータイがあって初めて人が人の手で天気予報をつくっていくことが可能になりました。

 そういった意味では、今天気予報そのものが変わるタイミングになっていると思います。それを進めていくのは、天気予報をみんなでつくるという言いだしっぺである我々の役割なのかなと思っています。

 競合というふうに見ようと思えばそう見えるんですが、我々は天気だけで事業をしている会社なので、人類のイノベーションというのを気象に対して取り組んでいかなければならないと思っているんです。多少怒られてもそこはブレないですね。

現在、アプリの提供は国内のみ。ユーザーが旅行先などで投稿したものは「グローバル」で見られる
現在、アプリの提供は国内のみ。ユーザーが旅行先などで投稿したものは「グローバル」で見られる

 西氏:世界には天気予報がない国があります。例えばネパールですと、気象庁はあるんですが、前日の実況を「昨日はこうでした」と発表するそうです。それは結局、観測網も情報通信網も十分に整備されてなくて、社会インフラみたいなのができていない。特にアジアの国々では情報網、観測網っていうのが非常に立ち遅れている。スマトラ沖地震のときも津波の情報が出なければ、人も逃げもしなかったのであれだけの死者をもたらしました。

 そういうことがいろんな場所で起きていますが、人が情報さえを手にしてたらそんな悲劇が起きなかったのではないかと。莫大な資金を投じて観測機器を整備することができなくても、ケータイですぐ写真を撮って送る、というのであれば、もうできるのかなと思うので、そういうことに今後もチャレンジしていきたいと思っています。


ウェザーニューズ取締役 石橋知博氏とシステム開発本部長 西祐一郎氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]