logo

アップルのAuthenTec買収、狙いは指紋認証センサか--SEC提出書類

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年08月17日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが次に打ち出す大きな機能は二次元の指紋スキャナかもしれない。

 米国時間8月15日に米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、Appleは7月にセキュリティ技術プロバイダーのAuthenTecから、二次元の指紋認証センサを商用化してApple製品に内蔵するかApple製品と併用する技術のライセンスを取得したという。AppleはすでにAuthenTecを3億5600万ドルで買収することに合意した と発表しているが、買収成立には株主の承認を得る必要がある。

 このニュースはThe Next Webが最初に報じた。

 Appleはこれまで、他社を買収することによって各社独自の技術を手に入れてきた。たとえば「Siri」も買収したものであり、社内で開発したものではない。

 米CNETはAppleに対し、AuthenTecに関する計画についてさらに詳しい情報を求めているが、本稿掲載時点で回答は得られていない。

 Appleは急いでいるようだ。同社は、AuthenTecがエンジニアリングを担当する共同開発契約も締結した。

 SECへの提出書類は、AuthenTecの株主に宛てて買収を承認するよう求めた委任状となっており、いくつかの興味深い詳細が明らかになっている。AppleとAuthenTecの代表者は2月に初めて会ってライセンス契約について話し合ったが、Appleは条件に難色を示した。

 ライセンス条件をめぐる話し合いが行き詰まった後、Appleは5月に交渉の場に戻ってAuthenTecを完全に買収することを提案し、商用利用の契約には関心がないと明言していた。この時点で、同社の技術に強い関心を寄せていた企業はAppleだけだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集