logo

iOS版「WordPress」、新機能を満載した最新版が登場

Zack Whittaker (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫2012年08月11日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザーインターフェースが新しくなって数十の新機能も加わったiOS版「WordPress」の最新版が、App Storeから入手できるようになった。

 今回のバージョン3.1は、「過去最大のアップデート」と銘打って米国時間8月8日に公開された。

 WordPressのブログによれば、新機能と修正点を合わせると180にのぼるという。

 新機能の1つは、「Facebook」や「Twitter」など多くのiOSアプリケーションでお馴染みとなったスライド式のサイドパネルだ。これだとiPadの大きな画面を活かすことができる。また、投稿のフォーマットやテーマを設定できる「Post Formats」も追加された。

 加えて、「WordPress.com Reader」や簡単に写真をアップロードできる「Quick Photo」機能など、たくさんの機能がiPadでも利用できるようになった。

 「Wordpress for iOS」ブログによると、アプリの開発は「とても速いペースで」続いており、「すでに次の大型リリースに向けて動き出している」という。

 ブログでは開発担当者らが、「Visual Editor」「Notification Area」および「Featured Images」への対応など、次のリリースで搭載したいと考えている機能について述べ、外部の開発者の協力を歓迎すると語っている。

iOS版WordPressの新しいユーザーインターフェース
iOS版WordPressの新しいユーザーインターフェース
提供:WordPress

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集