logo

フォトレポート:火星探査機「Curiosity」撮影の360度パノラマ画像

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月10日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 火星の地表で火星探査機「Curiosity」のマスト部が最大まで延長され、システムが稼動したことにより、米航空宇宙局(NASA)はこの赤い惑星の息をのむような光景を受け取り始めている。米国時間8月9日には、ゲイルクレーター内部から撮影した360度パノラマ画像2枚を公開した。

 火星のゲイルクレーターの中からCuriosityが撮影したパノラマ画像の1枚。この画像のフル解像度版はNASAのサイトで見ることができる。
Scroll Right Scroll Left

 火星の地表で火星探査機「Curiosity」のマスト部が最大まで延長され、システムが稼動したことにより、米航空宇宙局(NASA)はこの赤い惑星の息をのむような光景を受け取り始めている。米国時間8月9日には、ゲイルクレーター内部から撮影した360度パノラマ画像2枚を公開した。

 火星のゲイルクレーターの中からCuriosityが撮影したパノラマ画像の1枚。この画像のフル解像度版はNASAのサイトで見ることができる

提供: NASA/JPL-Caltech

-PR-企画特集