logo

カプチーノとカフェラテはどう違う?--トリップグラフィックス

佐藤和也 (編集部)2012年07月29日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の、旅をテーマにしたインフォグラフィックス専用サイト「トリップグラフィックス」の第38回において「世界のコーヒーの消費量」と題し、1人あたりの世界のコーヒー消費量のトップ30と、カプチーノやカフェラテなどの違いをまとめている。

 1位は1人あたり年間で2844杯を消費するルクセンブルクで、一日あたり約8杯飲んでいる計算となる。ちなみに日本は一日あたり約0.9杯となっている。

 コーヒーについて、カプチーノやカフェラテ、マキアートなど、違いがよく分からないまま注文をしてしまいがちだが、店によって多少の違いはあるものの、一般的にカプチーノはエスプレッソが30%、スチームミルク(温めたミルク)が30%、フォームミルク(泡立てたミルク)が40%の割合、カフェラテはエスプレッソが20%、スチームミルクが80%の割合、カフェマキアートはエスプレッソが60%、スチームミルクが40%といわれ、それぞれエスプレッソとミルクの割合が異なっている。

キャプション
※クリックすると拡大画像が見られますが、画像を保存してご覧いただくことをおすすめします。

-PR-企画特集