logo

Facebookのザッカーバーグ氏、6年越しの特許を取得

Charlie Osborne (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月25日 13時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏が2006年に出願した、ある種のプライバシー設定を管理する特許が、最初の出願から6年の時を経て米特許商標庁(USPTO)によって承認された。

 この特許(特許番号8,225,376)が最初に出願されたのは2006年7月25日のことである。当該特許は、発明者がZuckerberg氏、およびFacebookの元最高プライバシー責任者(CPO)であるChris Kelly氏となっており、名称は「プライバシーサマリの動的な生成」となっている。

 特許の名称は、実際の内容よりも複雑なものとなっているようだ。ReadWriteWebによるとその内容は「Zuckerberg氏に華々しい経歴を付与するためのもの」にすぎないという。

 この特許は基本的に、選択されたプライバシー設定に基づいてアカウント保持者のプロフィールを表示する方法に適用されるものである。なお、こういったプライバシー設定には本人、そしてFacebookの他のユーザーやグループの画面におけるプロフィール表示方法が含まれている。

 ReadWriteWebによると、同特許は最初はUSPTOに却下されたが、Facebookは株式公開後、同特許が承認されるよう一層努めたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集