logo

アマゾンはスマートフォンビジネスに参入するべきではない--ベゾスCEOへの提言 - (page 2)

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月18日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンビジネスは、全く別の生き物だ。あなたはAmazonや、Kindleブランドのスマートフォンに、どんなメリットをもたらそうとしているのか。「Amazon Prime」は確かに、たくさんのコンテンツを提供する魅力的なサービスだ。もちろん、ソニーやHTCのような企業は自分たちのユーザーにもっと多くのメディアを提供しようとしているが、消費者にはそれほどの印象を残していない。

 KindleやKindle Fireでそうしたのと同じように、世界最大の店舗であることは間違いないAmazonのフロントページにスマートフォンを掲載することは可能だろう。しかし、スマートフォンは通信事業者から直接購入するというものだ、というしっかりと根付いた習慣を変えるには、それで十分だろうか。

 あなたがKindle Fireと同じ戦略をたどることを計画し、価格で競争するとしたら、ひどく失望することになるだろう。スマートフォンの価格は、あなた方メーカーが通信事業者から受け取る報奨金の額によって決まるのが一般的だ。AT&Tの例で言えば、「Lumina 900」は、それ自体の原価は数百ドルになるだろうが、わずか99.99ドルで販売されている。こうした価格になっているのは、Nokiaが攻めの価格設定を選んだためだが、契約1件ごとに十分な報奨金を支払うことにAT&Tが合意しているためでもある。

 悩みの種になりそうなものがもう1つある。通信事業者と一緒に仕事をすることだ。ほかの携帯電話メーカーに聞いてみれば、1つの携帯電話を承認してもらう際の煩わしさについて、ひそかに不平を漏らすだろう。通信事業者との間に関係が確立されており、テストと承認のプロセスに対処した経験がある会社でも、そのような状況だ。このビジネスでは新参者であるAmazonが、どの程度のサポートを得られるだろうか。Amazonはスマートフォンをどれほど迅速に、テストと評価の段階まで進められるだろうか。

 通信事業者を避けて通ろうとするのは、最大手の企業にとってさえも難しいことだ。Nokiaがそのアプローチを試みた結果、ニッチプレーヤーに格下げされてしまったことを思い出してほしい。米国では、Googleが「Nexus One」を直接販売しようとしたが、顧客から不評だった上に失敗してしまった。通信事業者の報奨金がなければ、仕様によって異なってくるが、あなたはスマートフォンを数百ドルかそれ以上で販売することになる。

 最後にエコシステムの問題がある。Kindle Fireは確かに、独自バージョンのAndroidのために特別に設計された、独自のアプリによってうまく軌道に乗ったが、それはAndroidや「iOS」で利用できるサービスやアプリに比べればわずかなものだ。

 新しいプラットフォームで市場に入り込む際の問題について疑問があるなら、MicrosoftかRIMに聞くといい。Microsoftは2年近くの間、「Windows Phone」で動く自社のデバイスを消費者に使ってもらおうと努力してきたが、そこそこの成功を収めただけだ。Nokiaは、Windows Phoneで大ヒットの寸前まで行ったが、その成功でさえ、ささやかなものとしか言えない。RIMは、新しいプラットフォームをリリースすることさえできずに、2013年まで延期している。

 もちろん、あなたは何か秘策を用意しているのかもしれない。Amazonは、第1世代のKindleでインターネット接続デバイスというアイデアを最初に広めているし、Sprint Nextelとの間では、Kindleのワイヤレスサービスを月額使用料なしで使える契約を結んでいる。斬新な料金プランやスマートフォンの販売方法があれば、今後登場する可能性のあるAmazonスマートフォンを、ほかの製品とは違った物にすることができるだろう。

 それはつまり、あなたが過去のスマートフォンベンダーの例に倣うつもりなら、良い結果にはならないということだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]