logo

アップル、第3四半期に13インチRetina Displayを生産開始か--MacBook Proに高まる期待

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月11日 13時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 13インチの「MacBook Pro」に搭載される可能性のある「Retina Display」の生産開始が今四半期に予定されているものの、Appleの「事業計画」は決定的なものではない。アナリストが米CNETに伝えた。

 DisplaySearchのアナリストであるRichard Shim氏によると、解像度2560×1600のRetinaクラスの13.3インチディスプレイの生産が第3四半期に開始される予定だという。

 しかし、Retina Displayを搭載した13インチのMacBook Proがいつ実現するかは、今のところ不透明だとしている。

 13.3インチのRetinaクラスのディスプレイは、15.4インチのMacBook Proに使われているRetina Displayよりも生産が四半期ほど遅れている。13インチモデルのピクセル密度は227ppiで、現行の15.4インチRetina Displayの220ppiよりも高い。

 台湾を拠点とするDigitimesは、アジアのサプライヤーからの情報を頻繁に掲載しているが、米国時間7月10日、Appleが生産パートナーに対し、MacBook Proの新型13インチモデルのための部品を第3四半期に供給するよう求めていると報じた。


Retina Display搭載のMacBook Pro 15.4インチモデル
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集