logo

Windows 8は10月末に発売、RTM版は8月--マイクロソフトが正式発表

怒賀新也 (編集部)2012年07月10日 00時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、次期OS「Windows 8」のリリース時期を明らかにした。現在最新版である5月末に発表したRelease Preview版の次の段階である「RTM(Release To Manufacturing)」を8月第一週、一般発売する「GA(General Availability)」を10月末に提供する。

 同社が7月8日から12日まで、カナダのトロントで開催中のパートナーカンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference 2012」で、CEOのSteve Ballmer氏が務めた基調講演で明らかにした。

 このほか、Ballmer氏はマルチタッチのインタフェースを開発、生産する会社であるPerceptive Pixelを買収することで合意したことをこの場で発表。Windows 8ベースのシステムを82インチの画面で自在に扱うデモを行った。

 また、Officeをクラウド形式で使うOffice 365向けの新たな販売形態として、パートナー企業とエンドユーザーが契約を結ぶ「Office 365 Open」の開始も発表。従来、Office 365はMicrosoftとエンドユーザーの直接契約の形態しかなく、実際に販売したパートナーにMicrosoftがキックバックの形でマージンを支払っていた。だがパートナーからエンドユーザーに請求したいという要望が世界中から集まったため、Office 365 Openを始める。日本マイクロソフトのパートナーソリューション営業統括本部統括本部長兼パートナー戦略統括本部 統括本部長で業務執行役員の佐藤恭平氏は「パートナーが自ら付加価値をつけてOffice 365 を販売できるようになる点でエポックメイキングだ」として歓迎した。

 同カンファレンスには、日本からも143社のパートナー企業から273人が参加。日本マイクロソフトの社員も89人が参加している。

キーノートを務めたSteve Ballmer CEO
キーノートを務めたSteve Ballmer CEO

-PR-企画特集