logo

Twitter、検索インターフェースを改良--オートコンプリート機能などを追加

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年07月07日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterのPankaj Gupta氏が米国時間7月5日夜に投稿したツイートで示唆していたように、同社は6日、検索体験を向上させる機能を公開した。ユーザビリティは過剰なほどに改善されているが、画期的な新機能というわけではない。

 Twitterの公式ブログで、「Simpler search」(シンプルになった検索)を確認してほしい。

 大きな変更点は、Googleの機能に似たオートコンプリート機能だ。補完されるキーワードはツイートとユーザーIDの2つのセクションに分けて表示される。確かにこの方が、探しているツイート(あるいは人物)をはるかに見つけやすくなる。

 Twitterは検索結果ページの機能も改良した。このページでは(Googleと同じように)ユーザーのスペルミスを修正して結果を表示するほか、関連リンクやユーザー名も表示する。検索結果ページはユーザー名とツイートのセクションに分割される。ただし、検索に合致するユーザーを表示したい場合は上部のユーザー名セクションを展開する必要があり、もう1回クリックしなければならない。ツイートセクションでは、上位のツイート、すべてのツイート、自分がフォローしているユーザーのツイートを切り替えることが可能だが、そのためにはさらにクリックする必要がある。検索結果に柔軟性を持たせることは大きなメリットだが、モードを切り替えるのが面倒だと感じられるかもしれない。

 Twitterの新しい検索機能は「iPhone」および「Android」版アプリで動作するが、「iPad」版アプリはまだ対応していない。

改良されたTwitterの検索機能
改良されたTwitterの検索機能
提供:Screenshot by Rafe Needleman/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集