logo

1行で予定を追加-- iPhoneの標準カレンダーを便利に扱える「choical」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 choicalは、iPhoneの標準カレンダーに素早く予定を追加するためのアプリだ。「来週水曜10時ミーティング」と1行で入力すれば、カレンダーの予定をそのとおりに作成してくれる。通常、カレンダーに予定を入力するには、タイトルや日時などを個別に指定する必要があるが、この操作は意外に時間がかかるものだ。「来週の水曜10時からミーティング」と登録したいだけなのに、いったい何度画面をタップすればいいのかと、うんざりしている人にはお勧めのアプリだ。

choiccalを起動すると、すぐに入力画面が表示される。用件、日時、場所までを1行に入力するだけだ
choiccalを起動すると、すぐに入力画面が表示される。用件、日時、場所までを1行に入力するだけだ

 choicalの1行目に、日時、場所、用件を入力し、「登録」ボタンをタップすると、カレンダーの予定作成画面が表示される。たとえば、「金曜10時から3時間赤坂でミーティング」と入力すると、タイトルが「ミーティング」、場所が「赤坂」、直近の金曜の10:00から13:00の予定が作成される(ただし、執筆時点では「何時から何時」という表現では作成されないようだ)。日時の指定はひらがなや漢字でもOKなので、わざわざ漢字変換する手間さえ省くことができる。まるで、紙の手帳に書き込むように、iPhoneのカレンダーに予定を入力できるのだ。ちなみに、2行目以降に入力された内容は「メモ」になる。

 書き方の例文は、画面右下の「お気に入り」で確認できる。1行目の最後に「!」を付けると、予定の10分前に通知されるなど、いかに最小限の手間で予定が登録できるかに注力した便利な仕様になっている。お気に入りには、自分で作成した内容ももちろん登録できる。予定を作成した後、画面左下のアイコンをタップすると表示される「直近の入力をお気に入りに追加」を選択すると、最後に作成した予定の内容がお気に入りに登録される。よく使う内容を自分の言葉で登録しておくと便利だ。不要になったお気に入りの項目は、左右にスワイプして削除できる。

 choicalをさらに便利に使うには、音声入力(Siri)と併用することだ。choicalと音声入力を併せて使うことで、テキストをまったく入力しないで、カレンダーに予定を登録することが可能になる。音声入力を使うには、あらかじめ「設定」>「一般」>「Siri」で「Siri」をオンにして置く必要がある。音声入力を利用できるのは、通信可能な環境にいるときのみとなるが、それでも一度「声で予定登録」の簡単さを体験すると、わざわざ手で入力するのがわずらわしく感じられるだろう。それこそ、手帳に手書きするよりも早い。本来、時間をかけるべきではない予定の入力のような作業は、どんどん手間を省いていきたいところだ。

  • choicalで「登録」ボタンをタップすると、標準カレンダーの予定作成画面が表示される。登録先のカレンダーを変更する必要があるかもしれない

  • 「お気に入り」には、対応済のいろいろな入力形式があらかじめ登録されている

  • お気に入りで選択した内容はchoicalのメイン画面にコピーされる。気に入らなければ「クリア」をタップすれば、テキストがすべて削除される

  • 「直近の入力をお気に入りに追加」を選択すると、最後に作成した予定の内容がお気に入りに登録される

>>「choical」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集