logo

ソニー、4倍速「BRAVIA」を拡充--ネット動画も高画質に

加納恵 (編集部)2012年07月05日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA」に40V型の「KDL-40EX750」を追加した。4倍速駆動パネルを搭載し、動きの速い映像をなめらかに再生する。発売は7月27日。店頭想定価格は10万円前後になる。

  • 「KDL-40EX750」

 1秒間60コマの映像のコマとコマの間に3コマの新規映像を生成して240コマにする4倍速駆動パネルと、エッジ型LEDバックライトを制御し、残像感を低減する「モーションフローXR480」をあわせ、くっきりとした映像を再現。高画質回路には、さまざまな映像をリアルタイムに解析する「X-Reality」を搭載することで、地上デジタル放送やBDソフトだけでなく、ネット動画なども高画質化する。

 YouTubeなどの動画共有サービスや、hulu、U-NEXTなどのビデオオンデマンドコンテンツが楽しめる「Sony Entertainment Network」に対応。DLNA対応機器と組み合わせることで、別室にあるレコーダーの録画番組などが見られる「ソニールームリンク」、スマートフォンやタブレットからリモコン操作ができる「Media Remote」も利用可能だ。

 USB HDDを接続することで録画に対応し、地上、BS、110度CSデジタルチューナは2基備えているため、裏番組録画もできる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集