logo

マイクロソフト、aQuantive買収の評価損62億ドルを計上へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年07月03日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftによると、同社は第4四半期決算で、2007年に買収したaQuantiveの評価損として62億ドルを計上するという。aQuantiveは、Microsoftの広告事業を強化することを目的とした買収された企業の1社だった。

 Microsoftは2007年、aQuantiveの買収に現金63億ドルを支払っている。同社は、声明で次のように述べている。

 aQuantive買収はMicrosoftのオンライン広告ビジネスへのツールの提供につながっているが、予測されていた規模では成長が促進されず、評価損計上の一因となった。

 Microsoftは声明で、同社オンラインサービス部門は軌道に乗っており、Bingは検索あたりの売り上げを増加させていると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]