logo

[ブックレビュー]「マスターマップ」で導かれる英語学習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中経出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 247ページ / 中経出版 / 価格:1470円 / 著者:小熊 弥生 / 発売日:2012/04/25 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.0cm×2.4cm / 重量:0.3 kg
内容:英語を身につけるには、レッスンに通う、自宅学習をするなど様々な方法がある。しかし目的をしっかりと定めなければ、本当に英語を話せるようにはならない。本書は「英語マスターマップ」という独自の方法で目標を定めた学習法をサポートする。
Amazon.co.jpアソシエイト

 一口に英語が話せるようになりたいといっても、仕事で使いたいのか、趣味の海外旅行で使いたいのかで、勉強方法も学習期間もまったく異なる。常に目的に目を向けた勉強ができるように、本書では適切な英語学習の目標と、その目標を達成するために必要なことを1枚のマップにまとめた「英語マスターマップ」を作る。

 著者は通訳になるという目的のために、数々の目標をクリアし、現在のキャリアを築いてきた。目的が何であるか、目的を達成するためには何が必要なのかを、常に明確にして、がむしゃらに勉強し、経験を積んでいる。

 自分もそうありたいと思っても、英語学習の目的がはっきりしなかったり、勉強方法を迷ったりしている人は多い。しかし本書の中の問いに答えながら「マスターマップ」を作成することで、本当に自分が目指している場所が見つかるかもしれない(実際に書き込みができるマスターマップが巻末に添付されている)。

 本書には、著者の経験だけではなく、さまざまな目標を持った英語学習者のマスターマップ例と、多くの学習者が実践している英語学習法が掲載されている。自分にもできる方法が見つかるだろう。また、自分に近い目標を持った人のマスターマップを参考にすれば、自身の学習計画も立てやすい。今度こそ、自分の夢をかなえるために必要な英語力を見つけよう。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集