logo

iOS用「Gmail」アプリ、ようやくプッシュ通知機能を搭載

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2012年06月27日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「iOS」向け「Gmail」アプリは、お粗末なスタートを切った後で、ようやく改善されようとしている。

 米国時間6月25日に公開された最新アップデートでは、長く待たれていたプッシュ通知のサポートが追加されている。つまり、「iPhone」や「iPad」のユーザーは、Gmailの受信箱に新着メッセージが届くたびに通知を受け取れるようになる。


提供: Screenshot by Lance Whitney/CNET

 通知センターをサポートしている他のアプリと同様に、新着メッセージは、アラートやバナーによる通知が可能で、画面がロック中でも表示される。

 Googleのブログによると、最新バージョンでは、他の2つの機能も強化されているという。

 Gmailのユーザー設定により、送信時にGmail以外のアドレスを使用できるになった。同アプリではまた、ログイン状態が維持され、手動でログアウトしない限りセッションが切断されなくなった。

 iOS向けGmailアプリは、2011年11月にApp Storeに登場したが、輝かしいデビューとはいかなかった。ユーザーの反応は明らかに否定的だった。さらにGoogleは、技術的バグのせいで同アプリをすぐに取り下げなければならなかった。ユーザーはバグが修正された後でさえ、通知機能の欠如や他の制限を理由にこのアプリを非難した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]