logo

進化したAndroid版「Firefox」--3倍高速化、Flashにも対応

藤井涼 (編集部)2012年06月27日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Japanは6月26日、Android向けウェブブラウザ「Firefox」の新バージョンを公開した。10以上の言語に対応しており、Google Playストアから無料でダウンロードできる。

 同社は、2011年3月にPC向けブラウザ「Firefox 4」と同時に、Android版をリリース。HLML5をフルサポートしていることや、OSアップデートに依存せずセキュリティのアップデートが可能な点などが高く評価された。一方で、起動時間を短くしてほしい、Flashをサポートしてほしいといった要望も寄せられたという。

 そこで新バージョンでは、ユーザーからのフィードバックを反映し、パフォーマンスを向上。従来バージョンと比べて、起動時間やページ読み込み時間が大幅に高速化している。たとえば、HTML5のCanvasパフォーマンスは3倍以上、スクロールパフォーマンスは約1.5倍高速になっている。また、要望の多かったAdobe Flash Playerプラグインにも対応した。

  • Android版「Firefox」の新UI

  • 新バージョンのイメージ

  • HTML5のCanvasパフォーマンスは3倍以上高速に

 ユーザーインターフェースも刷新。スタートページには、よく訪れるページや最近訪れたページがサムネイルで表示され、目的のサイトへすばやくアクセスできるようになった。ロケーションバーに入力したキーワードに応じて、履歴やブックマークを表示するスマートスクリーン機能も搭載している。

 Firefox Syncを利用すれば、PCとスマートフォン間で、Firefoxの履歴や保存されているパスワード、ブックマーク、開いているタブ、フォームの入力時歴を自動で同期させることが可能。デベロッパーが開発したさまざまなアドオンも自由にインストールしてカスタマイズできる。

 セキュリティ機能やプライバシー保護機能も充実させた。行動ターゲティング広告の配信などを目的とした、第三者によるオンライン行動追跡を拒否する意志をサイトに対して伝えられる「Do Not Track」機能や、起動後初めてFirefoxに保存されたログイン情報を使用する際に入力を求められる「マスターパスワード」機能などを搭載している。

  • Mozilla Japan代表理事の瀧田佐登子氏

 記者発表会で挨拶した、Mozilla Japan代表理事の瀧田佐登子氏は、「2011年の後半から日本でもかなりのスピードでスマートフォン市場が確立されてきており、ユーザーも多様化してきている。我々は後発組とよく言われているが、Android版のFirefoxはいま本当に生まれ変わろうとしている。Mozillaは、ネットの世界をしっかり引っ張っていかないとならないという意味でニュートラルな組織であり、さまざまな研究開発も進めている。今回の発表を皮切りに、これから半年くらいでさまざまな動きが出てくると期待していただきたい」とコメント。

 次期バージョン以降に搭載される新機能として、PC向けのレイアウトで表示されているページからテキストを抽出して、スマートフォンに最適化した形で表示する機能や、ウェブアプリの配信マーケットなどが紹介された。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]