logo

Facebook、Zyngaのサイトに広告を配信

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月25日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zyngaのユーザーは、同社のウェブサイトに見慣れないものが表示されていることに気付いたかもしれない。これまでGoogleの広告があった場所にFacebookの広告が表示されるようになったのだ。

 この変化を最初に見つけたのはInside Facebookだ。この動きは、Facebookが広告サービス帝国への道を歩み始めたのではないかという憶測を呼んでいる。


提供:Screenshot by Donna Tam/CNET

 Zynga.comでFacebookに接続すると、Facebookサイトを参照したときと同様に、パーソナライズされた広告と「Sponsored Stories」(スポンサー記事)が表示される、とFacebookは述べている。同社によると、表示されるスポンサー記事はユーザーが共有しているアクティビティに関するものだけで、Facebookでの操作と同じように、コーナーにある×をクリックすれば気に入らない広告を非表示にできるという。またユーザーの情報が広告主と共有されることはないと、Facebookは述べる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集