logo

「iPhone 5」は3G/4G両対応の「ワールドフォン」か?

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一2012年06月22日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは次の「iPhone 5」で同製品の刷新を図るとともに世界中で使えるスマートフォンとして訴求力を強めるというのが、アナリストShaw Wu氏の見方だ。

 6世代目となるiPhoneでは3つの大きな改良が考えられるとWu氏は言う。Intel製チップを採用することで、Appleの次世代iPhoneは形状が一新され、画面がやや大きくなり、4G LTEに対応する、と同氏はみている。これらの機能によって次世代iPhoneは現行の「iPhone 4」や「iPhone 4S」以上に魅力的な製品となり、新しい顧客を獲得すると同時に、現在のiPhoneユーザーにもアップグレードを促すはずだ。

 次世代iPhoneに関するその他の報道やさまざまなうわさも、本体の形状変更、4インチ画面、LTEのサポートを指摘している。

 しかし、世界最大のスマートフォン市場である中国の現状を考えると、AppleはiPhone 5を中国の顧客に確実にアピールする製品にすることも考えるだろう、とWu氏は述べた。

 次世代iPhoneはChina Mobile独自のTD-SCDMA 3Gネットワークに対応するはずだ、とWu氏は言う。China MobileとChina Unicomは、どちらも4G LTEをテストしている。しかし、LTEの完全対応は数年先になるため、Appleが中国市場で影響力を獲得するつもりなら、3Gのサポートは欠かせない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集