logo

モジラ、iPad用ブラウザ「Junior」を開発中

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月18日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaの「Product Design Strategy」チームから米国時間6月17日に届いた動画プレゼンテーションによると、Mozillaは「Junior」と呼ばれる新しいモバイルブラウザを開発しているという。同社はプレゼンテーションの導入ページで、Juniorは「ブラウジングをより楽しくし、人間工学を追求した『iPad』用ブラウザで、ユーザーのブラウザ体験を徹底的に考え直したもの」と述べている。

 FirefoxのプロダクトデザイナーであるAlex Limi氏は、iPadの「Safari」は「残念な体験」として、「われわれは、まったく新しいことをやりたかった。新しいフォームファクタに向けて、ブラウザをどのように改革できるか研究したかった」と述べた。

 「われわれのレンダリングエンジンを持ち込むことはできないが、iOSに参入する理由はたくさんある」とLimi氏は述べた。

 チームはデモンストレーションの中で、プロトタイプのブラウザはiPadの画面全体に表示され、ツールバーがなくなって「雑誌の感覚」に近づいたと説明している。チームは制御をジェスチャーベースにするというアイデアで取り組んでいたが、最終的には2つのボタンを追加することに決め、画面の両サイドに1つずつ配置した。左側のボタンは前に戻るボタンとして機能し、右側は「+」ボタンで、最近アクセスしたページのリストや検索画面を表示できる。

 新ブラウザが一般に公開される時期については、プレゼンテーションの中でも明かされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]