logo

著作権改正法案、衆議院で可決--リッピング違法化、違法ダウンロード刑罰化へ

岩本有平 (編集部)2012年06月15日 15時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 違法ダウンロードの刑罰化やリッピングの違法化を盛り込んだ著作権改正法案が6月15日、衆議院本会議にて賛成多数で可決された。

 同日午前に開催された衆議院の文部科学委員会にて、リッピングの違法化などを盛り込んだ政府の改正法案に加え、自民・公明両党から違法ダウンロードの刑罰化などを追加する修正案が提出され、いずれも可決。午後の本会議にて修正案を含めて賛成多数で可決された。

 2010年1月より施行された著作権法では、私的な目的により、音楽ファイルなど違法アップロードされたコンテンツをダウンロードすることは違法となっていたが、これに対する罰則は設けられていなかった。今回の修正案では、これに2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金を科す。

 また改正案では、CSSなどのコピー防止技術を著作権法上の「技術的保護手段」とする。これにより、コピー防止技術を回避してDVDなどを複製することが規制される。コピー防止技術が適用されたDVDをPCに吸い出す「リッピング」は、個人のDVDを個人のPCで行う場合に関して私的複製と認められてきたが、これが改正法の施行により違法となる。

-PR-企画特集