logo

DeNA、第1四半期の連結営業利益は175億円を見込む

佐藤和也 (編集部)2012年06月15日 16時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DeNAは、第1四半期(2012年4月~6月)の連結業績予想を、6月14日に開催された取締役会において決定し開示した。

 資料によると連結売上高は467億円、連結営業利益は175億円と予測。2011年第1四半期の業績が連結売上高346億490万円、連結営業利益が158億90万円から見ると増収増益を見込んでいる。

 連結売上高は、ソーシャルゲームにおけるモバコイン消費額の継続的な拡大や横浜DeNAベイスターズの連結子会社化などを要因として増収を見込んでいる。この第1四半期のモバコイン消費額は前四半期比で約20億円増加の約530億円を見込む。

 DeNAは5月9日に行われた決算説明会において、守安功社長がコンプガチャの廃止を明言。しかし、影響を正確に見積もることが困難として業績予想は明らかにせず、わかり次第開示するしていた。またその決算説明会の席上で守安氏は、コンプガチャ廃止の影響について「丸々と出てくるの次の第2四半期なのかなと思います」とコメントしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]