logo

iPhoneでセルフ決済--「Apple Store」アプリでアクセサリを購入可能に

坂本純子 (編集部)2012年06月15日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは6月14日、iPhoneアプリ「Apple Store」をアップデートし、アップルストアの各店舗にて手持ちのiPhoneでアクセサリ類を購入できる「EasyPay機能」を導入した。

  • アップルストア銀座店で試したが、どこのアップルストアでも使える

 アプリは無料で、iPhone 4またはiPhone 4Sに対応する。アップルストアでアプリケーションを起動すると、スタッフを呼んだりサポートを受けたりできる画面が表示される。これは、アップルストアの付近にいなければ見られない画面だ。

  • 銀座店付近で「Apple Store」アプリを起動した時の画面

 EasyPay機能を利用するには、製品のパッケージにあるバーコードをスキャンする。スキャンが完了すると、製品に関する評価やレビュー、製品スペックが見られる。製品を気に入ればそのままApple IDでログインし、iTunesのアカウントに登録されているクレジットカードで支払えるしくみだ。そのままレジを通さずに持ち帰ることができる。アプリ上で「EasyPayのレシート」を確認すると、支払った履歴が見られる。

 EasyPayで決済できるのは、iPhone/iPadなどのケースやAir Macといったアクセサリ類に限られる。Mac本体は対象外だ。

 もし袋がほしいときは、スタッフに声をかけるともらえるという。いざ購入しようとしたら待たなければならない──そんなとき、この機能を使えばストレスなく購入できそうだ。

  • 「EasyPay機能」の使い方

  • バーコードを読み取る

  • 読み取ると、製品の詳細が見られる。ここから決済へ

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集