logo

ソニー、Ice Cream Sandwicht搭載の「Xperia miro」「Xperia tipo」を発表

Scott Webster (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月14日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは現地時間6月13日、カラフルなエントリレベルのAndroidハンドセット2機種を発表した。いずれも2012年第3四半期に出荷される予定だ。

 「Xperia miro」「Xperia tipo」という名称が付けられたこれら2つのデバイスは、スマートフォンを初めて手にする人に優れた体験を提供するはずだ。いずれの機種も「Ice Cream Sandwich」と800MHzプロセッサ、ソニーのカスタムソフトウェアを搭載する。


Xperia miro(左)and Xperia tipo(右)
提供:ソニー

 Xperia tipoは3.2インチのディスプレイと3.2メガピクセルのカメラ、3Gバイトの内蔵ストレージを搭載しており、テクノロジ面でXperia miroよりローエンドに位置する。1500mAhのバッテリを搭載したXperia tipoは、標準的な接続オプションとmicroSD拡張を備える。ソニーは同スマートフォンのデュアルSIMバージョン(「Xperia tipodual」)もリリースする予定で、レッド、ホワイト、ブルー、ブラックの4種類のカラーオプションを用意する。

 ハイエンドのXperia miroは、Xperia tipoより少し優れたスペックを備えており、さらに多くのソニーのソフトウェアおよびサービスが追加されている。miroは3.5インチのディスプレイと4Gバイトの内蔵ストレージ、5メガピクセルのカメラ、前面VGAカメラを搭載する。その他にユーザーエクスペリエンスに関わる強化点としては、連絡先や写真に関してのFacebookとの深い統合やDLNA接続、ソニーの「xLoud」オーディオテクノロジが含まれる。Xperia miroは、ブラック、ブラック/ピンク、ホワイト、ホワイト/ゴールドのカラーオプションが提供される。

 価格設定と通信キャリアに関する詳細は明かされなかった。しかし、ソニーは、このスマートフォン2機種が第3四半期に世界中で発売されることを示唆した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]